デザイン注文住宅・エクステリア|YSK工房

メニュー

RENOVATION WORK

マンション改修工事について

改修工事は「12年周期」で

マンションの大規模修繕工事の時期は、一概に築何年後と決められているわけではありません。
マンションの劣化の度合いは、個々の建物の構造、立地条件、日常的な管理状態などによって違ってきます。

そのためケースごとに、正確に劣化や傷みの状況を理解し、修繕の時期を見極めることが大切です。
しかし、おおよその目安はあります。大規模修繕工事は「12年周期」で考えられることが多いです。
これは建築基準法で、築後10年を経過した外壁がタイル貼りなどのマンションは、3年以内に外壁の全面打診調査を行う必要がある、と定められていることと関係があると言われます。

FLOW

施工の流れ

1.
事前調査
築年数や、これまでの改修・補修工事状況、現状の問題点などを お聞きします。
2.
現場調査
建物の外部・内部の劣化状況や設備機器に不具合がないか、現場調査を行います。
3.
総合診断
目に見えない建物構造内部や配管などを、専門機材を使った科学的な診断等、総合診断を行います。
4.
調査分析
総合診断の調査結果に基づき、劣化状況を分析し、その概算工事費用を提出します。
5.
長期修繕計画
今後の修繕箇所と工事費用を予測した、長期的な修繕計画書を提出します。
6.
工事内容決定
実際に修繕・改修を実施する工事内容と仕様をご検討いただき、工事範囲を決定していただきます。
7.
施工
決定された工事内容にそって、施工要領と工事日程表が提出され、リフレッシュ工事を実施します。
8.
アフターケア
リフレッシュ工事終了後は、完了検査を行い、アフターケアを行います。また、定期的な点検・チェックも行っていきます。

建て替え、エクステリアの無料相談会 随時開催中


受付時間 平日9:00 〜 18:00

06-7493-3133

メールでのご相談はこちら